ParaDraw覚書index基本操作> 線・図形・色


chapter3

ParaDraw 基本操作

 

描画のコツ /  線を描く /  図形を描く /  色を塗る
文字を書く /  変形させる /  パーツを重ねる
編集・ファイルの保存と読み込み

++ 描画のコツ  ++

[ParaDraw でのお絵描き]
ParaDraw などのベクタ画像のドローツールは、 シンプルな描線の、単純な色合いのイラストには向いていますが、 微妙な線や陰影や質感を出すには、かなりのテクニックを要します。
フリーで描くというより、図形などを組み合わせ、 形あるものをシンプルにデフォルメして描いていくほうが、とっつきやすいと思います。
ここが、ゲーム用のアイテムに特化しているのも、このためです。
ただ、単純な線でデフォルトの色を使って描くと、 どうしても、似たような絵柄のアイテムのゲームになりがちです。
個性的な絵を描けるようにするには、色使いの工夫をすることだと思いますが、 そのへんの工夫も、あれこれと考えていきたいと思っています。
ParaDraw で思うように絵を描くには、パスの考え方に慣れることと、 アンカーの操作をマスターすること、 グラデーションを使いこなすこと、これで、いろんなアイテムを短時間に描けるようになりますよ。

線を描く

線を描く方法は2通りです。
 まったく自由に描く → ツールパレット[鉛筆ツール]・[ブラシ/消しゴムツール]
 きちんとした直線や曲線を描く → ツールパレット[直線・曲線ツール]
[鉛筆ツール](黄○)は、最初から描いたとおりの線になりません。
フリーの線は、整えるのに手間がかかるため、
デフォルトでは、マウスでたどったラインに沿った、きれいな線が
出るように、自動でパスが最適化されています。
マウスで、なぞったとおりの線にしたいなら
 キャンバスのプロパティ → パスの最適化 で、
 「強い最適化」の「自動で最適化を行う」のチェックをはずします。
でも、今度はアンカーが多すぎることになるので、
私は「弱い最適化」の方の自動にチェックを入れています。
   最初のうちは、強い最適化の自動をはずさず、
まず、一本の直線か曲線(思い切り角度をつけると、ゆるい曲線になります)
を描き、後からアンカーを増やして、形を作っていく
(ちょうど、針金を曲げるように)のも、ひとつのやり方です。
   → [参照]アンカーの操作
「直線・曲線」ツール(黄○)は、慣れるまで、とてもやりにくいツールです。
最初にクリックした点が始点で、次の点が終点・・・と思っていると、 いつまでも細い線と鉛筆マークが離れてくれないのです。これは
 「順にアンカーを置いていく」
つもりの手順をとっているためで、 終了させるためには同じクリックを2回
(左左または右右) または線をつけたまま選択ツールをクリックします。
途中で左→右→左とクリックを変えると、直線・曲線が入れ替わります。
慣れれば、きれいに整った直線・曲線が描けます。

どのツールを使うときも、リアルタイムボタンをONにしておいて、
描線を確認しながら描くとよいでしょう。

このページTOPへ

[ブラシ/消しゴムツール]
太めの線が描けます。ブラシ/消しゴムの形状は、丸・角、太さもそれぞれ選べます。
フリーな線が描ける代わりに、アンカーがとても多くなります。
また、ゆっくり動かさないと、描線がとびとびになってしまいます。
ラフなスケッチに使い、アンカーで整形していく〜というように私は使っています。
ボタンを押すと、消しゴムツールと切替えられます。
消しゴムツールは、使い方によって、穴をあけたり、部分的にへこませたり〜と、 とても面白い描写ができます。
本来の「消す」ことは、パスを指定したり、アンカーの削除で行うことが多く、 消しゴムで消す場合は、新たなパスができるので、そこの処理に慣れる必要があり、そこがひとつのコツといえるでしょう。
ブラシ/消しゴムの太さの種類は、[ブラシ/消しゴム管理ツール]で、増やすことができます。

このページTOPへ

図形を描く

ツールパレットの各ツールを使うと、いろいろな図形が簡単に描けます

  

上の3つは、矩形ツール(黄○)、真ん中の3つは、多角形ツール(緑○)、下の2つは円ツール(ピンク○)です。
どれも[線のみ]ですが、[塗りのみ]、[線と塗り]にもできます。
塗りにグラデーションをかけることもできます。
アイテムを描くには、フリーな線で一(いち)から描いていくよりも
図形を組み合わせた方が速いし、きれいです。



このページTOPへ

色を塗る

色を塗る方法もいくつかあります。
閉じた図形(パスが閉じている〜という言い方をします)の場合
 図形のパスを選択しておいて
 図形の描画スタイルを[塗り]または[線と塗り]にし、
 カラーインジケーターの色の上で右クリック
グラデーションにする場合は、SHIFT + 右クリックで、グラデ色を選びます


パスが閉じた図形の内部に、色をつけるには、
色を選んで、バケツツールボタンを押し、
図形の内部をクリックします。(真ん中)

一見、[線と塗り]の場合(一番上)と同じにみえますが
バケツツールで流し込んだ色の範囲は、新たにパスができています(一番下)

隙間があいてしまう時がありますが、この精度は調節できます。
背景に色をつけたい場合は、キャンバスのプロパティで設定します。
next →

home このページTOP