ParaDraw覚書index基本操作> 文字・変形・パーツ


chapter3

ParaDraw 基本操作

 

描画のコツ /  線を描く /  図形を描く /  色を塗る
文字を書く /  変形させる /  パーツを重ねる
編集・ファイルの保存と読込み

文字を書く

  文字を入れるのは
文字ツール(黄○)です
フォント・太字・斜体を設定します。
フォントはご自分のPCに入っているものは使えます。
どんな風になるかは、右上のプレビューで確認できます。
文字の大きさと色は、一度キャンバスに貼り付けてから、調整します。
文字も、[線のみ]・[塗りのみ]・[線と塗り]を設定できます。
白抜き文字にしたい場合は、[線と塗り] にして、中を白にします。
キャンバスが白いと、[線のみ]で一見、白抜きに見えますが、実は中は透明です。
配置したときに、バックの色が見えちゃいます。


←ふつう(塗りのみ)
←太字
←斜体(。。。わかんないのら〜)
←線のみ
←線と塗り(線0.5pt)


ひとつずつの文字は、グループ化されています。
移動や選択はラクですが、濁点をひとつ消したい〜などの
操作は注意が必要です。
なぜかというと、文字はヒジョーにアンカーの数が多いのです。
へたにいじると、読めない字になります(泣
  [参照] → とほほ

このページTOPへ


変形させる

ある意味、ParaDraw 操作のハイライトかも(笑
基本となる図形を描き、それをいろいろいじって、目的のブツに仕上げます
変形は、選択ツール(黄○)でパスを選んですることと
変形ツール(緑○)でパスを選んで、アンカーを操作すること
の2通りあります。
[選択ツールでパスを選んでする変形]

図形の外側(ふち)のどこかにポインタを乗せると、
制御線(細い線)と制御点(四隅と辺中央の四角い点)
が現れます。
制御線をドラッグすると、フリーで位置を変えられます。
グリッドに沿って移動させるときは、選択の状態のまま、
カーソルキー(→↑←↓)で操作します
微細な移動については、こちらへどうぞ
 → サイズ変更のちょいワザ

四隅のどこかをドラッグすると、大きさを変えることができます。
縦横比を変えない時は、CTRL キーを押しながらドラッグです。

このページTOPへ

制御線にポインタを合わせ、右クリックで、
操作ダイアログが現れます。
コピー・切り取り・削除は、通常の操作と同じです。
( )内はショートカットキーです

なにもないところで右クリックすると
メニューウインドウが現れます。
貼り付けはここから行います。
パスをすべて選択するのも、ここからです。

  

このページTOPへ




[アンカーの操作]

変形ツールでパスを選ぶと、アンカーが現れます。
アンカーのひとつをドラッグして、変形させます
アンカーの選択は、ひとつでも複数でもできます
線にポインタをのせると、両端のアンカーを
一定の範囲をドラッグすると、複数のアンカーを選択できます
青い○が選択中のアンカーで、
その中のひとつ(赤くなる)をドラッグすることで
選択したアンカー全部をそのまま動かすことができます。

アンカーの追加・削除をして、ラインの調整をしていきます。
アンカーを尖らせたり、角を丸めたりして、整形します。
アンカーの角を丸めた場合、アンカーは実際の描線上にないので、
見失わないよう、注意しましょう。
線の両側のアンカーを選んでいるときは、直線・曲線を切り替えられます。
(ダイアログ内の表示も変わります)

アンカーが多すぎて、ごちゃごちゃしているときは、パスの最適化をします。
 → 
パスの最適化
パスの最適化とは、「デフォルメ」のことと考えてOKです。
つまみを動かすとパスが変化しますから、それを見ながら調整し適用します。
デフォルトでは、自由曲線に強い最適化がかかっています。
再設定は、キャンバスのプロパティで行います。
パスの最適化は、選択ツールダイアログからでもできます。

このページTOPへ

パーツを重ねる

いろいろな図形(パス)を描いたら、それを重ねてみます。
どのパスを前面(背面)にしたいかをダイアログで設定します。
上の図では、オレンジの四角が前面、下は青い三角が前面です。

キーボードの >、< でも、選択したパスの深度を
移動できます。
他のドローツールで、レイヤーの重なりを設定するのと同じです。
パスの数が多くなって、どこに配置すればいいのか
わからなくなったら パス管理ツールを使います。
 メニューバー → 表示(黄○) → パス管理ツール
ツール画面の表の一番上が、最前面のパスです
(この場合はオレンジの四角)
移動させたいパスをツール画面上で選んで、
右クリックでダイアログを出し、操作します

表の値は左から
 ナンバー/表示・ロック/アンカーの数/パス開閉/
 線/塗り・グラデ/グループ/複合ID
となっています。
パス管理ツール上では、重なりの他にも
いろいろなパスの操作ができます。

このページTOPへ

編集・ファイルの保存・読み込み

[編集]
コピー・切り取り・貼り付け・削除などの編集作業は、
メニュー → 編集 でできます。
パスを選んで、それぞれの作業をします。
変形ツールで作業中は、これらの編集はできません。
元に戻す・やり直す〜は、よく使う機能。
ほぼすべての作業で、使えます。
ショートカットキーも使えます。
[ファイルの保存・読み込み]
作成した画像の保存・読み込み
 メニュー → ファイル  で行います。
ラスタ処理がないので、保存したものを読み込んでも、
保存前とまったく同じように編集できるのが、
ベクタ画像の魅力です。
ただ、.pdr はParaDraw 専用の保存形式で、
他のソフトで開けないし、ウエブページにも使えません。
.bmp などのラスタ画像として保存する必要があります。
 「別形式で保存」をクリックし、保存形式を選んで
保存します。
ParaDraw で保存できる他の形式は、
   ビットマップ(.bmp)/JPEG(.jpg)
   PNG(.png)/Flash(.swf)
です。  
[クリップの読み込み]
一般のドローソフトには、他の画像ファイルを
「読み込んで貼り付ける」ことができます。
ParaDraw で、これにあたる操作は
 クリップを読み込む(メニュー → ファイル)です。

ParaDraw で描いた画像ファイルは、ダイアログの
「ファイルの種類」から読み込めます。
ファイルを選んで、選択ツール → 貼り付け です。
他にも、Windowsメタファイル(.wmf)、
     illustrator のSVGファイル(.svg)
などが読み込めます。

[クリップの書き出し]
これは、作成中の画像の中の、ひとつのパスだけを、
クリップとして保存できる機能です。
先に全体像を描いてから、各パーツを取り出すとき、
画像を、部分的に使いたいときなど、便利です。
← back
next →

home このページTOP