ParaDraw覚書index操作画面> チュートリアル・メニューバー


chapter2

操作画面

 

チュートリアル・メニューバー・キャンバス
ツールパレット
下絵とグリッド・拡大率と太さ
スタイルパレット・カラーインジケーター・カラーピッカー
キャンバスのプロパティ

++ ParaDraw のチュートリアル  ++

ParaDraw には、DLしたフォルダに  usage1,usage2,usage3 という3個のJPGファイルが入っています。
これは、ParaFla,ParaDraw の開発者Coa 氏による、テキストではないヴィジュアルの取り扱い説明書です。
これさえ熟読すれば、ParaDraw の機能は、ほぼ把握できます。
また、「ParaFla Wiki !」でも、かなりの機能解説と、質疑応答が載っていて、参考になります。
ただ、初心者は探したい情報にたどりつきにくい、専門的な方ばかりで敷居が高い〜というあたりが難点です。
また、ポインタをボタンなどに当てると、ヘルプがHヘルプウィンドウに表示されます。また alt でも出ます

以下、実際の操作画面をみながら、ParaDraw でできることを順に解説します。
各機能の詳細は、一覧の右端の「詳細」をクリックしてください

番号

名称

機能

詳細

@

メニューバー

ファイル操作や一般的な編集作業、各ウインドウ操作、ヴァージョン

詳細

A

キャンバス

ここに絵を描く

詳細

B

ツールパレット

描く・塗る・消す・変形の各ツール

詳細

C

下絵とグリッド

下絵やグリッドの表示

詳細

D

拡大率と太さ

キャンパス表示の拡大・縮小、線の太さ

詳細

E

スタイルパレット

線と塗りの切り替え・色付けとグラデーション

詳細

F

カラーインジケーター

色をつける箇所(線か面か)・透明度の調節

詳細

G

カラーピッカー

色の指定。色の作成

詳細

H

ヘルプウィンドウ

座標やヘルプの表示( )内はショートカット

詳細

このページTOPへ

@メニューバー〜ファイル

左端の [ファイル] の1段目・4段目
 他のwindows仕様のソフトとほぼ同じです。
 作った画像を保存したり、開いたりします。
 最近開いたファイル名が4段目にあります。

「別の形式で保存」
〜 [.pdr] 以外の形式で保存できます。
   →[参照] 編集・ファイルの保存と読み込み
「クリップを読み込む」
〜別のファイルを貼り付けることができます。
クリップ操作がわかると、いろいろ使えます。
「キャンバスのプロパティ」
〜Fキャンバスの設定をします。
   →[参照]Aキャンバス

「詳細設定」〜操作時のいろいろな設定です。
 自分の使いやすいようにカスタマイズできます

このページTOPへ

@メニューバー〜編集

左端から2つめの [編集] も
 他のwindows仕様のソフトとほぼ同じです。
 ショートカットキーも同じです。
 ショートカットキーは、慣れるとかなり操作スピードがあがります。

このページTOPへ

@メニューバー〜表示・ヘルプ

右端のヘルプは、ヴァージョン情報です

左端から3つめの [表示] は
 パスの位置を数値で入力したり、ブラシやフォルダを管理
 するためのツール画面を表示させるためのものですが
 最初は使わなくても支障ありません。
 使えるようになると、微細な操作ができるようになります。
 DLしたParaDraw フォルダに入っている usage2・usage3
 にCoa氏の解説が載っています。

このページTOPへ

Aキャンバス

ここに絵を描きます
マウスホイールを回すと、キャンバスの大きさが変わります。
拡大率は、左のパレットに出ます。
   →[参照] 拡大率

キャンバスの諸設定は、「キャンバスのプロパティ」で行います。
メニューバー → ファイル または、フィールド上で右クリック です。



[キャンバスのプロパティ]
キャンバスの設定で、まず使うのは、サイズ変更です(左上)
デフォルトは 100×100 (ピクセル)
必要に応じて、数値を入力して設定します
濃い色の背景に使うアイテムなどを描くなら、背景色を黒などに設定しておくと、 白抜き文字など、みやすくなります。
アイテムのデッサンや、家具などの配置のために、下絵を表示するには 右下の「下絵表示」で設定します。

next →

home このページTOPへ