ParaDraw覚書index操作画面> キャンバス・ツールパレット


chapter2

操作画面

 

チュートリアル・メニューバー・キャンバス
ツールパレット
下絵とグリッド・拡大率と太さ
スタイルパレット・カラーインジケーター・カラーピッカー
キャンバスのプロパティ

++ ParaDraw 操作画面  ++

No

名称

機能

@

メニューバー

ファイル操作/編集

A

キャンバス

ここに絵を描く

B

ツールパレット

描画ツール

C

下絵とグリッド

下絵やグリッドの表示

D

拡大率と太さ

拡大・縮小、線の太さ

E

スタイルパレット

線と塗り・色とグラデーション

F

カラーインジケーター

色・透明度

G

カラーピッカー

色の指定。色の作成

H

ヘルプウインドウ

座標・ヘルプの表示

このページTOPへ

Bツールパレット


変形ツール→
鉛筆ツール→
矩形ツール→
多角形ツール→
バケツツール→

→選択ツール
←グラデーションツール
←直線/曲線ツール
←円ツール
←文字ツール
←ブラシ/消しゴムツール


[選択ツール]
パスを選択するツールです
パスとは、図形を形作っている点と線の総称です 図上にポインタを当てて現れる線をクリック、
矩形の四隅と辺の中央に現れる点を制御点と呼びます()
制御点のひとつをドラッグ → サイズ変更
   →[参考] サイズ変更のちょいワザ
SHIFT を押しながら制御点ドラッグ → 回転

CTRL を押しながら左クリックで、複数のパスを選択できます
矩形全体を囲んで選択もできます

図上にポインタを当てて現れる線を右クリックすると
ダイアログが現れます。
パスの編集・管理は、ここから行います。

このページTOPへ


[変形ツール]
アンカーをドラッグして変形させるツール
(選択中のアンカーは赤)
2つのアンカーを結ぶ線をドラッグすると、
2つ同時に移動できます。


アンカーを右クリックで、アンカーの操作
(アンカーの追加と削除、角を尖らせる・丸める)
パスの操作(最適化、開閉、分割と結合)ができます
2つのアンカーを結ぶ線を右クリックすると
直線・曲線の切り替えができます。
   →[参照] パスの最適化

このページTOPへ


[グラデーションツール]
グラデーションの範囲・中心点・角度を調節します
の点のうち、白(3個)の○はドラッグして大きさを
緑の○(1個)は角度を変えます
交差点の白い○をドラッグすると、中心を移動できます

このページTOPへ


[鉛筆ツール]
自由曲線を描きます。
開始点と終了点が近いと、直線になりますが
思い切って角度をつけることで、曲線になります。
線の太さを変えることができます。
デフォルトでは、直線を描きやすい設定になっています
 →[参照] 線を描く


[直線/曲線ツール]
直線・曲線を描きます。
最初のクリックで開始点を指定、
そのままドラッグして、離したところに2つめのアンカー、
次にドラッグして離すと3つめが置かれる・・・
とイメージするとうまく描けます。
終了点はトリプルクリックか、ESCキーを押します
ツールボタンをクリックするか、描いている途中で左右クリックで
直線・曲線の切り替えができます
線の太さが変えられます。
 →[参照] 線を描く

このページTOPへ


[矩形ツール]
矩形(長方形)を描きます。
CTRL キーを押しながらドラッグすると正方形が描けます。
ボタンを右クリックすると、矩形の種類を指定できます。
図中の A‥通常(角が鋭角)
     B‥角が丸 
     C‥凹角(角が直角にへこむ)
     D‥凹丸(角が丸くへこむ)
     E‥べベル(角が三角に切り取られる)
矩形の設定で、角のへこみ方(半径、深さ)を指定できます。

 →[参照]
図形を描く


[円ツール]
円を描きます。
CTRL キーを押しながらドラッグすると正円が描けます。
ボタンを右クリックすると、下は64アンカーです。
アンカーが少ないと、単純だけど、きれいな線の円に
アンカーが多いと、手書き風の線の円になります。
後で変形させる場合は、ある程度アンカーがあった方がいいでしょう。
 →[参照] 図形を描く

このページTOPへ


[多角形ツール]
多角形を描きます。
ボタンを押すと描画ダイアログが現れますから
頂点の数、星型、へこみの深さ、角を丸めるかどうかなど
設定できます。
CTRL キーを押しながらドラッグすると
縦横比を維持して多角形が描けます。

 →[参照]
図形を描く


[文字ツール]
文字を描きます。
ボタンを押すと文字入力ダイアログで
フォントを指定します。
自動的にパスが生成されます。
塗り・色・グラデーションなどが可能です。
文字のパスは自動的にグループ化されています。
 →[参照] 文字を描く

このページTOPへ


[バケツツール]
閉じられたパスの中を塗りつぶします。
新たに独立したパスが生成され、最前面に配置されます。
塗りつぶしの品質は、キャンバスのプロパディで設定できます
 →[参照] 色を塗る


[ブラシ/消しゴムツール]
ブラシで塗ること、消しゴムで消すことができます。
ボタンをクリックし(クリックでブラシと消しゴム切り替え)
角ブラシ(消しゴム)丸ブラシ(消しゴム)と太さを選択します。
ブラシの角・丸は、マウスの左右ボタンでも切り替えられます。
太さは、自分で自由に設定することもできます。
 →[参照] 線を描く


← back next →

home このページTOPへ