ParaDraw> お役立ちTIPS> 豆知識・むだ知識>

* ParaFla Wiki !を活用しよう!! *

今のところ、ParaDraw の解説で一番詳しいのはここ
ParaFla Wiki !
でも、ちょっと敷居が高いし、探しにくいかも〜です。
Wiki というのは、ユーザの助け合い掲示板のことで、
それぞれがわかっていることを書き込みあって、一種の辞書みたいなものを作る〜というものですが
やりとりを見ていると、答えてくれる方が専門的な方が多い分、なんだか
「こんな質問ですいません」
という気分にさせられ、なんとも書き込みにくい。
実際、へんな質問をすると叱られてるし。

操作一般は、左のメニューの一番上から、機能一覧にとべます。
何かわからないことがある場合は、左のメニューから質問ページに行き、
質問一覧 → 表の「カテゴリー」をクリックして並べ替え → ParaDraw の質問をチェック
ParaDraw のカテゴリーの質問は、そんなに多くありませんから、全部を見てもそんなに時間はかかりません。

次に、単語検索をかけてみます。
その単語を含むページの一覧が出ます。
これでも、いよいよなければ、新規に質問ですが、
くれぐれもマナーを守って、わかりやすくていねいに!

* PNG 画像 *
お絵描きにハマったとはいっても、高機能の高価なソフトを買ってまで、お絵描きするつもりもなかったから、
素材を描いて配布しよう〜とは思いませんでした。
ウエブページ作りは好きでしたが、お気に入りの素材屋さんがいくつかあって そこの素材を愛用していました。
ウエブページの素材は、JPG または GIFが という認識はあり、PNG も知ってはいたけど、
PNG が実用になるのは、まだまだ先〜って思ってました。
なんだか、いい形式らしいけど、普及率も今ひとつ、ブラウザの対応も追いついていなくて、
わざわざ、そんな形式を使わなくても。。。と。
そのうち、「GIF を使うのに、お金がかかる」という騒ぎになったんです。
まあ、サイト作りは一段落していたから、すっかり他人事で過ぎること数年。
今回、ParaDraw が、なかなか高品質な素材を作れるソフトであることにも気づいたし、
ウエブページに PDR 画像を載せるには、一度、ラスタ画像に変換しなくてはならない。
JPG はきれいだけど重いしなあ〜。。。PNG にもできるらしいなあ、やってみるかな。
正解!きれいだし軽い。
調べてみたら、かなりブラウザは対応してきているので、閲覧に支障はなさそう。
素材もがんがん描いちゃおう〜
* ペイント修行 *
じつは、お絵描きツールの解説を書いたのは、今回が初めてではないのです。
PCを使い始めて、まずハマったのが「Windows ペイント」でお絵描き・・・だったので。
そう、昔から、お絵描きのひとだったんです。
PCを買ったら、ただでついてくるソフトだから、そんなに高機能なはずはないけど
それでも、面白くて面白くって。。。
クリックひとつで、色が変わったり、いろんなシェイプを描いたり。。。
で、最初に作ったサイトがペイントで描いたイラストを並べた「ぺいんとぎゃらりー」でした。
今は、個人サイトのコンテンツです。
kibana*ba*na
最初のサイトには、「ペイント講座」なるコーナーも作って、ペイントの使い方を解説したのでした。
今回、ParaDraw の操作画面をキャプチャーして PNG 画像にするのに、久々にペイントを使いました。
なんだか、よみがえるなあ。
* 転送量 *
やっと作ったゲームを、たくさんの人にプレイしてほしいと思い、
ダメモトーと某巨大ゲーム紹介サイト掲示板にお願いにいきました。
これが、あっさり載せてもらえて、喜んだのもつかのま、
SWF ファイルをアップしていた有料のサーバから警告が。。。
アクセス殺到で、サーバに負荷がかかっているから、なんとかしろ〜ということらしいが、
えーーーどうすりゃいいの〜〜〜
なんともドロナワなんだけど、SWF ファイルの、特にゲームというのは、
サーバからクライアントに転送する量が多いということを知り、
それに、いっぺんに何万人のアクセスをかけるわけで、こりゃ、どう考えても、迷惑をかけているでしょう。
というわけで、うれしい悲鳴をあげつつも、大慌てで転送量の大きいサーバを探しました。
毎月875円かかるけど、まあ、仕方ないかなー
ablenet エイブルネット
ディスク容量5GBまでがこの値段。転送量無制限。
毎月2つずつ公開していて、今のところ問題ナシ。
他の人のゲームをみていると、ブログにアップしている人もいるから
探せば、けっこうあるのかもしれないなあ〜。
ただ、無料のところは、いつ、なんどき、なくなっちゃってもおかしくないのだ。
今まで、いくつも無料のサーバを借りては、移転を余儀なくされたことか。
* オートシェイプもベクター画像! *
Microsoft Word,Excelで、ちょっとした図形を描く時に使う[オートシェイプ]
実は、リッパなベクタ画像。
オートシェイプでイラストを描く研究をしている方もいるって。。え〜
そういえば、エクセルでフローチャートを書こうと思って、
吹き出しをいろいろといじったことあったっけな。
そうそう、星とか三角とか描けたっけ。
でも、お絵描きとは別モノと思っていました。

* かぎをかけたのら〜 *
素材サイトで、よくある「規約」
やたらに長い。
なんでかなあ〜と読んだら、
つまりは、イケナイことを平気でする人がいっぱいいるかららしい。
フラッシュゲームもそうかも。。。と
一応、他の人がやってるのと同じ注意書きは載せてみた。
でも、何をすればいいのか、どんな事態になるのかわかってなかったし
ましてやフラッシュコンテンツ自体を、やっと作ってるんだから
本体には何もせずにいたら。。。

やられた。

どこからたどってきてくださったのか、
他のHNで書いているブログにメッセージをくれた方がいて
「○○で、まかさんのゲームがプレイできちゃってますよー」
え??
行くと、普通の紹介サイトなんだけど、確かに載っているのは画像じゃなくてゲームデータ。
そもそも、フラッシュコンテンツのデータって、右クリックでDLできるの?
できないよね。
どうやって、お持ち帰りされたんだろう。。。

いろいろ調べたら、どうも「直リンク」というやつだと判明。
さっそく、「転載・直リンク防止」のスクリプト「うちのこ」を導入。 OK。

後日。

知り合いがゲーム制作を始め、張り切って第一作を公開したら
あ〜〜〜っという間に、某国の紹介サイトにパクられ、
(これは、完全に転載された。どうやってもって帰ったんだろう)
海外のアクセスを、そっくりそこにもっていかれた。
きいてくれれば、「うちのこ」教えてあげたのに。
怒り心頭の彼氏、電光石火の速さで第2弾を制作し、リベンジを果たしたから
まあ、雨降ってなんとやらかもしれないけど。
だから、これからゲーム作りを始める方は、
公開の際は、くれぐれもカギをかけるのをお忘れなく。

このバナーを使ってね
このサイトはリンクフリーです。
リンクはこちらのURLに張ってください
http://maka.aki.gs/
当サイトのプライバシーポリシーについて


Copyright(c) 2008- Allright reserved maka